攻めの経営へ外部から知恵
東証、上場企業に新ルール 社外取締役、複数に

2015/2/25付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

東京証券取引所は24日、上場企業に求める企業統治(コーポレートガバナンス)ルールの原案を公表した。株主との対話を強化することが目的で、独立性の高い社外取締役を2人以上、選ぶように促す。他の企業との持ち合い株式がある場合は分かりやすい説明を求める。6月から適用する。株主や社外取締役など外部の知恵を取り込むことで企業価値の向上を後押しする。…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]