個人型拠出年金 サービス、現役世代に照準
主婦らに対象拡大 専用投信や口座手数料ゼロ

2016/10/4付
情報元
日本経済新聞 夕刊
保存
共有
その他

2017年から運用成績によって年金額が変わる個人向けの確定拠出年金(DC)の対象が主婦や公務員に広がるのに伴い、運用・証券各社が相次ぎ商品やサービスを拡充する。コモンズ投信やレオス・キャピタルワークスが専用の投資信託を準備。証券会社も口座管理手数料をゼロにするなどして新たな個人マネーの獲得を狙っている。

確定拠出年金には会社単位で入る企業型と個人型があり、これまで個人型への加入は自営業や企業年金…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]