企業年金債務、8年ぶり減
昨年度1%、運用環境改善で 投資・賃上げ原資に

2017/8/22付
情報元
日本経済新聞 朝刊
共有
保存
その他

 上場企業の年金債務の増加に歯止めがかかってきた。2016年度末の年金債務の総額は15年度末比1%減の92兆6235億円となり、8年ぶりに減少に転じた。長期金利の下げ止まりや定年延長など制度の変更が寄与した。年金債務の増加は年金資産の積み立て不足につながり、その費用処理が企業収益を押し下げてきた。その増加基調が止まったことは、日本企業が従業員の賃金引き上げに加え、設備投資など将来の成長に向けた投資を拡大する一因になりそうだ。…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

《締切迫る》秋割実施中。日経電子版が10月末まで無料!

電子版トップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 7:01
7:01
東北 7:01
7:01
関東 7:01
7:01
東京 7:00
7:00
信越 7:00
7:00
東海 7:05
7:01
北陸 6:02
6:01
関西 6:05
6:01
中国 7:01
7:00
四国 7:01
7:00
九州
沖縄
10:33
6:00

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報