投信「見える化」の波
ネット証券、手数料と成績一目で/大手運用各社、資料読みやすさ磨く

2017/2/15付
情報元
日本経済新聞 夕刊
保存
共有
その他

金融機関の間で投資信託の販売を透明化しようという動きが広がっている。カブドットコム証券は2月下旬から、投信の残高に応じた管理手数料(信託報酬)が運用成績をどれだけ押し下げているかを自社のサイトで開示する。SBI証券も同様の開示を検討中で、昨年10月の保険手数料の開示を皮切りに、金融商品の「見える化」の波が投信にも押し寄せてきた。

金融庁は金融機関に対して顧客の利益を最優先した業務運営を行う受託者…

電子版の記事が今なら2カ月無料

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]