伊藤忠、2年ぶり最高益 今期最終3300億円 タイ・中国提携が寄与

2015/4/14付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

伊藤忠商事の収益が拡大する。2016年3月期には最終的なもうけを示す純利益が3300億円程度と前期に比べて1割増え、2年ぶりに過去最高を更新する見通しだ。タイ華人財閥と中国複合企業への大型投資から得る収益が業績を押し上げる。今後3年は成長にあわせて配当など株主還元を強化する方針で、今期の配当は4円増の50円程度となる見通しだ。

伊藤忠は14年にタイ財閥のチャロン・ポカパン(CP)グループと資本・…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]