/

この記事は会員限定です

米ファンド、「大江戸温泉」を500億円で買収

訪日客増見込む

[有料会員限定]

米大手投資ファンドのベインキャピタルは12日、「お台場大江戸温泉物語」(東京・江東)など全国29カ所で温泉旅館や温浴施設を運営する大江戸温泉ホールディングスを買収することを決めた。負債を含む買収総額は約500億円。訪日外国人観光客が増え、温泉旅館への需要が拡大すると判断。出店増などで企業価値を高め、将来の株式上場を目指す。

ベインキャピタルは3月中旬をメドに、大江戸温泉の橋本浩社長(キョウデン最高...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り268文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン