証券、顧客資産300兆円に迫る 昨年度末 個人マネー「貯蓄から投資」へ

2015/5/13付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

個人マネーが貯蓄から投資へと向かっている。野村証券など主要証券10社が顧客から預かる資産は2014年度末に297兆円となり2年連続で過去最高になった。少額投資非課税制度(NISA)や、金融機関に運用を一任する「ラップ口座」を通じて新規マネーが流入した。株価上昇で資産の評価額も膨らみ、メガバンクなど都市銀行の預金額(303兆円)に迫っている。

野村、大和証券など大手5社とSBI証券、楽天証券などネ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]