銀行、持ち株会社傘下で新事業可能に
金融庁、17年ぶり規制緩和検討 電子商取やスマホ決済

2015/2/25付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

金融庁は銀行業のサービス向上と成長力の強化を促すため、金融持ち株会社総合2面きょうのことば)の規制を緩和する。持ち株会社の傘下に置ける事業会社の範囲を広げ、銀行グループが電子商取引やスマートフォンを使った決済サービスなどに参入しやすくするほか、グループ経営を効率化する仕組みを導入する。1998年の金融ビッグバンで解禁された金融持ち株会社の枠組みが大きく変わる。(解説経済面に

金融庁は3月3日…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]