高配当利回り・割安感に投資家需要強く 郵政2社株の価格決定

2015/10/20付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

11月4日に東証1部に株式上場するゆうちょ銀行とかんぽ生命保険の売り出し価格は、いずれも仮条件の上限で決まった。全国でサービスを展開する抜群の知名度に加え、高い配当利回りや指標面からみた割安感に注目が集まった。(1面参照

主幹事証券によると、事前の調査でゆうちょ銀は売り出し株数4億1200万株強に対して購入の需要が5倍以上、かんぽ生命は6600万株に対して10倍以上の需要があったという。

投資…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]