三菱UFJ銀、企業の普通預金に手数料 マイナス金利受け検討

2016/2/3付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

三菱東京UFJ銀行は日銀のマイナス金利政策への対応として、大企業などの普通預金に口座手数料を導入することを検討する。手数料の水準によっては事実上のマイナス金利になる可能性がある。中小企業や個人に対しては定期預金の金利引き下げを検討し、口座手数料の導入は見送る。今後ほかのメガバンクも同様の取り組みで追随する可能性がある。(関連記事総合1面に

日銀が先週末に決定したマイナス金利政策は、民間金融機関…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]