/

この記事は会員限定です

積み立て型NISA、対象100本超

[有料会員限定]

2018年1月に始まる積み立て型の少額投資非課税制度(つみたてNISA)の対象になる投資信託が100本を超える見通しだ。販売手数料をゼロにするなど厳しい条件を課しており、今年3月時点の見込みは50本程度だった。投資運用会社が条件を満たす低コストの新商品を投入するほか、既存商品の手数料引き下げが進んだ。

制度が定着すれば、対象商品が増えて投信全体の手数料引き下げにつながりそうだ。

つみたてNISAは...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り322文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン