商標出願、最多に 昨年14万件、中小企業けん引

2017/6/30付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

2016年の商標出願件数が14万件を超え、現行の商標制度下で最多になったことが特許庁が29日に公表した年次報告書でわかった。中小企業の出願が増えている。同庁は「中小企業も含めて海外展開が進む中で、ブランドを育成・保護する動きが活発になっている」と見ている。

商標を巡っては2年前から、企業のコマーシャルなどで使われる短いメロディー(ジングル)や動き、色といった特徴的な表現にも対象が広がった。久光製…

電子版の記事が今なら2カ月無料

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]