「民泊」まず東京・大田区 政府方針 外国人対象、来年中に

2015/9/29付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

政府は28日、一般の家を宿泊施設として活用する「民泊」について、全国で初めて東京都大田区で実現させる方針を固めた。旅館業法は多くの人からお金をもらって繰り返し泊める場合、必要な設備を整えることを求めているが、大田区ではマンションなどの個人住宅で外国人を泊める事業が来年中に可能となる見通しだ。

大田区は政府が地域限定で規制を緩和する国家戦…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]