/

この記事は会員限定です

福島原発賠償、新電力も負担

「大手のみ」転換、廃炉費は東電1社 経産省検討

[有料会員限定]

経済産業省は東京電力福島第1原子力発電所事故の賠償費用を電力自由化で参入した新電力にも負担させる検討に入った。これまで事故を起こした東京電力ホールディングスに加え関西電力など大手が担ってきたが、一部を新電力との共同負担に切り替える。福島第1原発事故の処理費の負担が新電力に回る初めてのケースになる。廃炉費用については、利益を優先的に充当する仕組みをつくり東電1社に負わせる方針だ。

 「東京電力改革・1F問題委員会」...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り843文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン