/

この記事は会員限定です

蓮舫代表初の国会質問 提案路線、道筋示せず

[有料会員限定]

参院代表質問は28日、民進党の蓮舫代表が就任後初めて登壇し、安倍晋三首相と対峙した。30分強の質問で20回程度の「提案」を連発。首相の経済政策「アベノミクス」では、教育や子育てなど再分配の強化を掲げ「成長につながらない経済政策を大胆に転換すべきだと提案する」などと訴えた。だが実現のための財源や道筋への言及はなく、外交・安全保障政策の提案はゼロ。課題の多いデビュー戦となった。

蓮舫氏は演説の大半を経...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り695文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン