/

この記事は会員限定です

都知事候補の本命不在

自民、非議員擁立で調整 民進、知事経験者らの名

[有料会員限定]

政治資金流用疑惑を巡り舛添要一前東京都知事が辞職して28日でちょうど1週間となる。自民党は桜井俊前総務次官ら非議員を軸に絞り込みに着手し、民進党でも片山善博元総務相、長島昭久衆院議員らの名前が浮上する。一方、自民党の小池百合子元防衛相も28日に出馬に意欲を表明したが、本命不在の候補者選びは調整が長引く可能性もある。

自民党は候補者を週内にも決めたい考えで、25~26日には都知事選候補を選ぶための...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り974文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン