円、7年10カ月ぶり安値 123円台、「輸出で稼ぐ」薄まる
産業構造が変化

2015/5/27付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

円安・ドル高の流れが加速してきた。26日の外国為替市場で円は一時1ドル=123円33銭と7年10カ月ぶりの安値をつけた。円安は輸出企業の採算を改善させるが、燃料など輸入品の価格上昇を通じて家計や企業の負担を増やす面もある。海外への生産移転が進み、貿易から投資で稼ぐ産業構造に変わった今の日本では、以前ほどには経済の起爆剤になりにくい。(関連記事経済面に

26日午後3時すぎ、円相場は一気に円安へ振…

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]