2019年6月18日(火)

処方薬の店頭販売拡大 厚労省、健保の要望受け付け
アレルギー・胃腸・点眼 薬剤費抑制狙う

2015/3/27付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

厚生労働省は医師の処方箋が必要な医療用医薬品を、ドラッグストアなどの店頭で処方箋なしで買える大衆薬に転用しやすくする。同じ成分を転用する要望を製薬会社だけでなく、健康保険組合や消費者からも受け付ける仕組みを年内につくる。胃腸薬や点眼薬が候補となる見通し。医療薬と大衆薬(総合2面きょうのことば)の垣根を下げ、保険適用になっている医療薬を減らし、薬剤費の抑制にもつなげる。…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報