/

この記事は会員限定です

税収増「総活躍」の財源に 概算要求基準、予算総額膨張も

[有料会員限定]

政府は2017年度の概算要求基準の大枠を固めた。保育や介護の充実といった一億総活躍社会の関連政策の財源に税収増などの「アベノミクスの成果」を充てる。社会保障費の伸びは年5000億円に抑制する目標を堅持する。概算要求の上限は設けず、予算総額の一段の膨張を招く可能性がある。

麻生太郎副総理兼財務相が26日に開く経済財政諮問会議(議長・安倍晋三首相)に示す。概算要求基準は与党と調整したうえで、近く閣議了...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り316文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン