地方勤務4万人増 政府5カ年計画、企業に税優遇

2014/12/26付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

安倍政権が重要課題に掲げる「地方創生」の司令塔となる「まち・ひと・しごと創生本部」は、26日に開く有識者会議で、人口減少克服や地域活性化に向けた今後5年間の「総合戦略」案をまとめる。本社機能を東京から地方に移した企業への税優遇などを通じ、2020年までに4万人の地方勤務者を増やす目標を掲げる。将来の人口の展望を示した「長期ビジョン」とともに27日に閣議決定する。

東京一極集中に歯止めをかけるため…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]