クレジットカード、20年までに全てIC型に
ビザなど、不正防止で 加盟店が被害の補償負担へ

2015/7/26付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

クレジットカード各社は国内で発行されている全てのカードを2020年までにICチップ付きに切り替える。5割前後と最大シェアを握る米大手のビザは、小売店など加盟店が店頭で使うカードの読み取り端末について、IC対応型を普及させるため、IC未対応の端末で発生した不正被害を加盟店に負担させる仕組みに変更する。偽造が難しいIC型を普及させてカードの不正利用を減らし、安心して買い物ができる環境を整える。

国内…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]