/

この記事は会員限定です

遠い収束 いら立つ首相

森友問題で野党、昭恵夫人に照準 水掛け論の様相も

[有料会員限定]

学校法人「森友学園」への国有地売却問題を巡り、安倍晋三首相と学園理事長退任を表明した籠池泰典氏との説明が食い違っている。首相は24日の参院予算委員会で籠池氏の主張にことごとく反論した。議論は水掛け論の様相も呈しており、野党は一層、政権や昭恵夫人への攻勢に勢いづく。早期幕引きのメドは立たず、首相のいら立ちが目立つ。(

1面参照

24日の集中審議で、首相は厳しい口調で前日の籠池氏の証人喚問での証言に反...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1394文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン