/

この記事は会員限定です

TPP11首席会合、凍結要望を50項目に集約

[有料会員限定]

米国を除く環太平洋経済連携協定(TPP)参加11カ国は21日、都内で首席交渉官会合を開き、各国が12カ国版TPPからの「凍結」を望む項目を出し合った。当初70項目超にのぼった要望の重複を整理して50項目程度に集約。22日には採否を決める作業に着手する。

会合は21・22日の2日間。「知的財産」「法的事項」「その他」の3分野に分かれて作業部会を開き、初日は各分野ごとに凍結要望を取りまとめて11カ国の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り214文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン