/

この記事は会員限定です

首相、改憲へ正面突破

自民の議論主導 鮮明に

[有料会員限定]

安倍晋三首相は21日のニッポン放送の番組収録で、自民党の憲法改正案を年内に示す方針を打ち出した。与野党による衆参両院の憲法審査会での議論の進み具合にかかわらず、自民党が議論を主導する姿勢を鮮明にしたものだ。自ら打ち出した2020年の新憲法施行に向け、正面突破を図る。早期改憲の意向を示したことへの党内の批判を封じる狙いもある。(1面参照

首相は年内にまとめる自民党案を基に与野党に協議を呼びかけ、改...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り405文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン