景気判断、8カ月ぶり上げ 3月月例報告、生産・企業収益上向き

2015/3/20付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

政府は3月の月例経済報告(総合2面きょうのことば)で、景気の基調判断を引き上げる方針だ。引き上げは昨年7月以来、8カ月ぶりになる。生産が改善し企業の収益も増えていることを織り込む。景気の回復が緩やかながらも着実に進んでいることを示す。ただ、個人消費はもたつきが続き、回復はまだら模様となっている。

23日に関係閣僚会議を開き報告する。今年2月の基調判断は「個人消費などに弱さがみられるが、緩やかな回…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]