IMF、通貨危機防止へ新協定 資金供給早く
新興国向け、米利上げに対応

2017/6/20付
情報元
日本経済新聞 朝刊
共有
保存
その他

 国際通貨基金(IMF)は新興国などの通貨危機(総合2面きょうのことば)に備え、新しい通貨協定を導入する。事前に借り手国の審査を済ませ、危機時にすみやかに基軸通貨のドルを供給する。厳しい構造改革も条件にしない。米連邦準備理事会(FRB)による利上げなどで市場が混乱するリスクがあるためだ。IMFは伝統的に財政赤字削減などの痛みを伴う改革を条件にしてきたが、迅速に資金供給するため方針転換する。…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 2:00
2:00
東北 2:00
2:00
関東 2:00
2:00
東京 2:00
2:00
信越 1:00
1:00
東海 2:00
2:00
北陸 2:00
1:30
関西 2:00
2:00
中国 2:00
2:00
四国 2:00
2:00
九州
沖縄
2:00
1:59

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報