/

この記事は会員限定です

蓮舫体制、焦りと不満 代表就任1カ月

[有料会員限定]

民進党の蓮舫代表は15日に就任1カ月を迎えた。「提案路線」を掲げて国会論戦に臨んだが、効果はまだ見えない。安倍政権の経済政策「アベノミクス」への対案づくりを急ぎ、次期衆院選に向けた「選挙の顔」をアピールする。ただ執行部と距離を置く勢力の存在や、なお尾を引く自らの「二重国籍」問題など揺らぐ党内基盤に焦りもにじむ。

手応えなき提案路線

蓮舫氏は代表就任に際し「批判から提案の民進党」を掲げ、安倍政権へ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1337文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン