高齢者医療、年上限14.4万円 政府・与党が新制度案 月額、まず1.4万円

2016/12/15付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

政府・与党は14日、患者負担の月額上限を定めた「高額療養費制度」を巡り、70歳以上の中所得者の年間外来医療費の負担上限を14万4000円とする制度を新設する最終調整に入った。月額上限を2017年8月から現行の1万2000円を1万4000円に、18年8月から1万8000円に段階的に引き上げる。

一定の所得がある高齢者の負担増により社会保障費の抑制につなげる一方で、慢性患者は負担が増えすぎないよう配…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]