2019年5月20日(月)

4~6月は4.0%成長 天候などが底上げ

2017/8/15付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

年率換算で4.0%増と2年3カ月ぶりの高成長となった2017年4~6月期の実質国内総生産(GDP)は、個人消費など内需が主導して成長する日本経済の姿を表した。ただ、天候や公共投資で内需が勢いづいた一時的な要因とみる向きが多い。

個人消費は前期比0.9%増と、14年1~3月に消費増税前の駆け込み需要があった時期以来の高い伸びを記録。気温が高く清涼飲料やエアコンの販売が好調だったことなどが特殊要因と…

成長率、夏以降も底堅く[有料会員限定]

2017/8/15付

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報