/

この記事は会員限定です

どうなる 物価「2年で2%」

日銀、月末にシナリオ修正へ 追加緩和の思惑からむ

[有料会員限定]

日銀は今月末、現行の物価見通しを下方修正する方向だ。それに伴う大きな焦点が「消費者物価上昇率2%を2年程度を念頭に早期に実現する」としてきた従来方針の扱い。日銀には人々のインフレ期待刺激の手立てとして維持したいとの思いがあるが、既に無意味になったと批判される可能性もある。追加緩和の有無とも絡む論点になるかもしれない。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1123文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン