集団的自衛権 憲法解釈変更で行使容認

2015/5/15付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

▽…日本が直接攻撃されていなくても、米国など密接な関係のある外国が攻撃されたとき、自国が攻撃されたとみなしてともに反撃する権利。国連憲章は集団的自衛権について、自国が攻撃を受けたときに反撃する個別的自衛権とともに、主権国家が持つ固有の権利として行使を認めている。

▽…日本の歴代政権は「憲法9条が許容する必要最小限度を超える」として、権利はあるが行使を認めないという立場だった。自衛権を発動するための3…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]