/

この記事は会員限定です

辺野古移設、なぜ対立

政府「唯一の解決策」/地元「県外へ移設を」

[有料会員限定]

政府と沖縄県は米軍普天間基地(沖縄県宜野湾市)の辺野古移設でなぜ対立するのか。経緯をまとめた。1面参照)

Q そもそもなぜ辺野古移設なのか。

A 1995年、米兵による少女暴行事件の発生を契機に日米両政府が普天間基地の返還協議を始めた。96年に両政府は普天間基地の返還で合意し、代替施設を県内に建設することになった。複数候補地のうち、政府は沖縄本島東沖の海上ヘリポート建設案を決定。海兵隊基地のある...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り629文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン