/

この記事は会員限定です

骨太方針最終案 「薬価引き下げ」削除

自民・製薬の反発で

[有料会員限定]

政府が9日に閣議決定する経済財政運営の基本方針(骨太の方針)の最終案が分かった。素案には特許切れ新薬の価格を後発薬の水準まで引き下げたり患者負担を増やしたりする方針を盛り込んでいたが、自民党や製薬会社の反発を受けて削除した。薬価改革は社会保障費の膨張を抑制する切り札の一つだが、思うように進まない。

政府は2日に素案を決め、与党との調整を進めている。製薬や医療業界と関係の深い自民党が反発したのが特許...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り351文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン