増税再延期派、党内地ならし 自民議連、経済対策を要望
執行部も議論の場検討

2016/4/7付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

自民党内で2017年4月に予定する消費増税の可否を巡る議論が活発になっている。6日、1年半ぶりに再開した議員連盟「アベノミクスを成功させる会」で再延期を求める声が続出。執行部は勉強会の設置を検討する。安倍晋三首相が経済が重大な事態なら政治判断する姿勢を示す中、党内の再延期派が地ならしを進める狙いがのぞく。

議連の山本幸三会長は会合で「消費は底割れした。リーマン・ショック以来の出来事で、増税どころ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]