出入国審査を無人化 日本人向け、顔認証で 
20年までに 空港人員、外国人に重点

2015/7/3付
情報元
日本経済新聞 夕刊
保存
共有
その他

政府は東京五輪・パラリンピックを開く2020年までに、全国の主要空港に機械で顔を識別して本人確認するシステムを導入し、日本人の出入国審査を原則として無人化する方針だ。日本人の審査を効率化する分、大幅に増えている訪日外国人向けに入国審査官を重点配置し、審査の待ち時間短縮とテロ対策の強化につなげる。

顔認証は、パスポート内蔵のICチップに記録した顔写真データと、審査ブースのカメラで撮影した顔の画像を…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]