2018年12月12日(水)

企業年金の積み立て前倒し 解禁
確定給付型で厚労省検討 運用環境の悪化に備え

2015/7/2付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

厚生労働省は企業が確定給付年金を維持しやすいよう規制を緩める検討に入った。企業が翌年以降の掛け金を前もって積むことを解禁し、最大5割多く出せるようにする方針だ。今は決められた単年度の所要額しか拠出できない。景気の悪化時に積み立て不足が起きやすく、穴埋め負担の重さから確定給付年金をやめる企業が増えている。規制緩和で公的年金を補う私的年金を下支えする。

厚労省が今夏の税制改正で要望する。早ければ20…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報