2018年2月24日(土)

財政健全化 道筋が焦点 民間と財務相、議論平行線 諮問会議

2015/6/2付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

 安倍晋三首相が1日の経済財政諮問会議で、財政健全化の中間目標として基礎収支の赤字を国内総生産(GDP)の1%に下げるように指示したことを受け、今後は達成の道筋が焦点になる。会議では民間議員が無駄な歳出を経済成長に寄与する政策に移す成長重視の改革などで増収が期待できると指摘。一方、麻生太郎財務相は歳出削減を重視すべきだと主張し、中間目標に向けた議論は平行線をたどった。(1面参照

 首相が指示した中…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ

関連キーワード



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報