/

この記事は会員限定です

AI特許 4年で7割増 米中突出 日本は減

[有料会員限定]

世界の主要国で出願された人工知能(AI)関連の特許は、2005年以降、6万件を超える。特に10年から14年にかけて出願数が7割も増え、世界中の企業や大学、研究機関が開発を急ぎ、先陣を争っている。(1面参照

米国、中国、欧州、日本、韓国など主要10カ国・地域の特許庁に出願されたAI関連の特許を調べたところ、直近で最も正確なデータが取れる14年に出願されたAI関連の特許数は8205件。10年の479...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り405文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン