山下ふ頭再開発、リゾートに先端技術
自動運転のバス走行、ドローン飛ばし警備 横浜港運協会が構想発表

2016/10/26付
情報元
日本経済新聞 地域経済
保存
共有
その他

倉庫会社などでつくる横浜港運協会は25日、横浜市が進める山下ふ頭の再開発計画について「先端技術を取り入れたリゾート」として整備する構想を発表した。カジノを含む統合リゾートのほか、移動手段や警備などに車の自動運転やドローンなどの技術活用を検討する。実現に向けて関係者とコンソーシアム(共同事業体)を組織する計画も明らかにした。

山下ふ頭は1963年に完成した47ヘクタールの埋め立て地で、船の貨物を積…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]