/

この記事は会員限定です

大阪府、68年ぶり人口減

15年国勢調査速報、工場地帯で顕著

[有料会員限定]

大阪府が22日発表した2015年の国勢調査速報によると、人口は883万8908人と前回調査(10年)に比べ0.3%減った。第2次世界大戦の影響で減った1947年の臨時国勢調査以来、68年ぶりに減少に転じた。総務省の推計では、日本の人口は08年をピークに減少傾向だ。人口減の波が3大都市圏の一角にも広がってきた。

減少数が目立ったのは工場地帯だ。中小製造業が集積する東大阪市では大手企業の海外移転に伴...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り248文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません