/

この記事は会員限定です

北本駅東口の宿泊施設計画 エフ・イー・ティーが進出へ

[有料会員限定]

埼玉県北本市は、JR北本駅東口の市有地の宿泊施設整備について、ホテルチェーンのエフ・イー・ティーシステム(東京・千代田)と基本協定を締結した。公募型プロポーザル方式で選定した。80~90室のビジネスホテルとなる予定で、2019年1月の開業を目指している。

北本市によると、提案段階では、宿泊施設は5階建て全84室のビジネスホテルを計画。公募の際に条件としていた、1階フロアで市が借用する公共用スペース...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り279文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン