/

この記事は会員限定です

動き出す廃炉(1) 揺れる原発銀座

[有料会員限定]

「美浜原子力発電所1、2号機を廃炉にするなら新しい原発を」「町には地場産業がないので廃炉関連企業がほしい」

1月27日。福井県美浜町で関西電力社長の八木誠(65)ら幹部と町民が原発の将来を話し合う懇談会が開かれた。関電は正式に廃炉を表明していないが、住民は原発停止による経済の疲弊や、原発の新増設を訴えた。

原発の再稼働に反対する声が多い中で美浜町が新増設まで求めるのはなぜか。町は2013年度に原発...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1577文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン