/

この記事は会員限定です

立川に3000席アリーナ

立飛HD、来年4月着工 プロバスケ誘致

[有料会員限定]

不動産開発の立飛ホールディングス(HD、東京都立川市)は立川市北部の大型商業施設「ららぽーと立川立飛」近くで観客席3千人規模の簡易型アリーナを建設する。2017年4月着工、同年秋の供用開始を目指す。プロバスケットボール男子「Bリーグ」のホームタウンなどとして活用し、「ららぽーと」と一体になった北部地区のにぎわい創出につなげる。

「アリーナ立川立飛」(仮称)は多摩都市モノレールが上を走る都道43号線...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り530文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン