/

この記事は会員限定です

任天堂、ゲーム周辺が実る

フィギュアやコンテンツ配信が貢献 ソフトなお課題

[有料会員限定]

任天堂の収益源が広がってきた。2015年4~6月期の業績好転を下支えしたのは、ゲームの新たな楽しみ方を提案したゲーム連動型フィギュアなど「派生ビジネス」だ。ゲーム専用機とソフトの一体販売を軸にしながらも、「稼ぎ手」を増やそうと故岩田聡社長がまいた種が芽吹きつつある。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り985文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン