墜ちた東芝(4)それでも現場は前を向く

2015/7/31付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

「93行も参加していただき、東芝は大事にされていると改めて感じた」。24日、東芝東京本社。第三者委員会の調査報告を踏まえ、取引銀行向けに開いた説明会の終盤、財務部長の渡辺幸一(54)は涙を浮かべた。銀行と融資契約を結ぶ際、借りる側は財務諸表の正しさを証明するが、違反があれば早期返済を求められるリスクもある。決算修正が避けられない東芝の財務担当は返済要求を留保するよう銀行への働きかけを続けている。…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]