CO2減、排出量取引を柱に
ソニー、国内1割分購入/清水建設、国内外で相殺

2017/8/9付
情報元
日本経済新聞 夕刊
共有
保存
その他

 日本企業で温暖化ガスの排出量取引を活用する動きが広がっている。ソニーは2020年度に国内排出量の約1割分の排出枠を購入する。清水建設は排出枠を活用して全オフィスの排出量を実質ゼロにした。温暖化対策の国際枠組み「パリ協定」の発効や環境対策を重視する投資家の増加で、企業も温暖化ガス排出量の一段の削減を迫られていることが背景にある。

 排出量取引は再生可能エネルギーや省エネ機器の導入による温暖化ガス削減…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 0:19
17日 10:29
東北 17日 2:00
17日 2:00
関東 0:19
17日 18:16
東京 17日 22:00
17日 2:00
信越 17日 23:00
17日 2:00
東海 17日 23:00
17日 21:43
北陸 17日 9:46
17日 2:00
関西 0:00
0:00
中国 17日 20:03
17日 2:00
四国 17日 11:30
17日 2:00
九州
沖縄
17日 21:21
17日 21:13

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報