日立、鉱山運営に参画 ITでコスト1割減
豪リオと連携、インフラ事業の柱に

2014/10/30付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

日立製作所は英豪資源大手リオ・ティントと巨大鉱山の運営で連携する。リオが持つ鉱山の運営ノウハウと日立のインフラ管理技術を持ち寄り、鉄鉱石の生産コストの約1割削減を目指す。まずリオがオーストラリア西部に持つ世界最大級の鉱山で始める。日立はリオと培ったノウハウを世界の資源会社にも展開し社会・産業インフラ事業の柱にする。鉱山の生産コストが低減すれば資源価格にも波及する可能性がある。…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]