東レ、がん治療薬本格参入 米仏で来月から治験

2017/2/28付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

東レはがん治療薬に本格参入する。がん細胞の目印となるたんぱく質に結合し、がん細胞を攻撃する新薬候補を開発。3月に米国とフランスで臨床試験(治験)に入り、2022年ごろの発売を目指す。医薬品の中で最も売上高の多いがん領域に足場を築くことで、現在は売上高の約3%しかない医療・医薬領域を新たな事業の柱に育てる。

米食品医薬品局(FDA)から治験開始の許可を得たことを受け、人に使った場合の副作用の有無な…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]