/

この記事は会員限定です

東レ、がん治療薬本格参入

米仏で来月から治験

[有料会員限定]

東レはがん治療薬に本格参入する。がん細胞の目印となるたんぱく質に結合し、がん細胞を攻撃する新薬候補を開発。3月に米国とフランスで臨床試験(治験)に入り、2022年ごろの発売を目指す。医薬品の中で最も売上高の多いがん領域に足場を築くことで、現在は売上高の約3%しかない医療・医薬領域を新たな事業の柱に育てる。

米食品医薬品局(FDA)から治験開始の許可を得たことを受け、人に使った場合の副作用の有無などをみ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り329文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン