/

この記事は会員限定です

2050年への選択(2)ロボットに心を託す

[有料会員限定]

3月28日、東京・内幸町の帝国ホテル。藤沢義之(78)と妻の裕子(74)は金婚式の盛大なパーティーを開いた。「これからも前向きに生きていきます」。藤沢のあいさつに拍手が沸き起こった。

藤沢は旧日本興業銀行の会長などを務めた元バンカー。全身がまひするALS(筋萎縮性側索硬化症)を患う。人工呼吸器を付け会話もできない。藤沢に代わり話したのは「分身ロボット」だ。

「オリヒメ」。こう名付けられたロボット...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り709文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン