2018年2月22日(木)

2050年への選択(1)心臓にばんそうこう

2015/4/2付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

 わずか5センチ四方の四角い透明シート。その中央にゼラチンのような物質がまん丸く広がってみえる。人間の細胞だ。「未来のばんそうこう」。大日本印刷の先端技術担当の副社長、高波光一(74)はそう呼ぶ。

 現在、東京女子医大と実証実験を進めている。単に擦り傷を治すのとはわけが違う。例えば重篤な心筋梗塞は患部の細胞が死ぬ。シートで培養した元気な心臓細胞を手術時に患部に貼れば細胞の再生を促せる。膝の細胞なら軟…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報